Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
行事

2分の1成人式の群読の呼びかけには例文がある?手紙の内容や歌の合唱は?

2分の1成人式

「2分の1成人式」という行事をご存知ですか?
10歳になる小学校4年生が、親への感謝の気持ちを込めて手紙を送ったり、合唱や合奏をする学校行事の1つです。
自分が小学4年生のときには、このような行事はなかったのですが、子供が小4になった時に体験しました。

様々な学校で行われている「2分の1成人式」という行事に賛否両論も起きているようです。
どんな内容をするのか、みていきましょう。

2分の1成人式の群読の呼びかけには例文があるのか?

2分の1成人式では、まず子供たちがこの10年間の間に「どんな出来事があって」「それについてどう思ったか」という群読があります。

生まれてから、1歳、2歳とだんだん成長していく姿を1人ずつ声掛けのように話していきます。
こうした呼びかけは基本的に例文があるようですが、うちの子の小学校ではそれを元に子供たち自身がアレンジしていました。
それぞれの年齢で起きたことは1人ずつ違いますしね。

1年生ではなにがあった、2年生、3年生ではと自分が思い入れのある年齢の時を選んで発表したとのことです。
この呼びかけの内容を作るためには、特に記憶に薄い赤ちゃんの頃のことを親に聞くことが多いです。

そうした紙を用意され、インタビュー形式で子供に答えました。
その中でも特に印象深い年齢を呼びかけの内容に入れたそうです。

ですので、例文はあってもそれを踏まえて、先生方の手を借りながら、子供たちオリジナルな群読を作り上げたのはすごいと思います。

スポンサードリンク

2分の1成人式の手紙の内容とは?歌の合唱はあるの?

2分の1成人式用に子供たちへ親から手紙というか、一言を書きました。
うちはA4の用紙に子供のとっておきの写真を1枚貼り、その下に10年間で印象に残ったこと、子供へのメッセージを書く欄がありました。
それほど長い文章を書くわけではないので、その時思ったことを短めに書いたのですが、調べてみると何やら長い手紙を書く場合もあるとか。

それに合わせて「親が子供たちへ送る手紙の例文」などもあるのを見て驚きました。

そんな、例文なんかなくても「普段は照れくさくて言えないような、でもしっかりと伝えたい事」を素直に書けばいいのになと不思議に思ったものです。

うちの子供の2分の1成人式では、群読が終わると歌の合唱がありました。
まだまだ声の高い子供たちですが、高音と低音に分かれて合唱ができるようになっているのを聞いて妙に感動しました。
自分だって小4の音楽の合唱でソプラノとアルトに分かれて歌っていたのに、自分の子供だとまた違った気持ちになるんですね。

合唱の後は、楽器を使った合奏もありました。
この合奏曲は某グループのヒット曲だったのですが、結構難しい曲なのにみんな上手でした。
隣のお母さんが泣きながらビデオ録画していた姿の方が忘れられないです。

2分の1成人式はやってもいいの?

2分の1成人式は、だいたい小4の1月末に行います。
実際の成人式も1月に行いますし、それに合わせて行っているのでしょう。
なぜ今「2分の1成人式」の話が出たのかといいますと、こんな記事を読んだからです。

2分の1成人式に感動?つらい子も…〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く 

この2分の1成人式についての漫画、ギャグのようにも思えるんですけど、実際にこう言った話あるようです。
「感動の押し売り」と化した学校行事になっていることが。

現在では様々な家族形態があるので、固定概念で当てはめるような発言はいけないと思うんです。
特に教師がですよ?

この漫画の女の子は「自分を育ててくれているのは祖母なんだから、おばあちゃんへの感謝の言葉は書ける」と自分の家庭環境をしっかりと説明しているのに、教師は「ご両親への感謝が足らないのでやり直し!」って。
しかも女の子に「ウソつけってことですか?」と反論されていますね。

こんな教師がいること事態がありえないと思うのですが、「子供の気持ちに寄り添えない」大人がいるのがなんとも度し難い気持ちになりますね。

この「2分の1成人式」という行事自体どんな理由があって始めたのかがよくわかりません。
なにせ、自分の時に経験がないので。
確かに合唱や合奏する姿に成長を感じる喜びはあります。
でも、「感動の押し売りをしてくれ」なんて言う親の意見は少ないのでは?

ただ、この漫画のような教師がいる一方で、子供たちと向き合って、子供たちと一緒に「2分の1成人式」を成功しようと努力している先生方もいるんです。
この漫画や記事に書かれたような一部分だけを切り取って大げさに言ってほしくないなと思いました。

まとめ

「2分の1成人式」って「成人式」の前哨戦といいますか、我が家の住んでいる地域では成人式で呼ばれる恩師は中学の先生なんですよね。
なので小学校で「2分の1成人式」をしているのではないか?とも考えました。

「2分の1成人式」に向けて子供が合唱や合奏の練習をしている姿もみているし、親への手紙も「あ~この子らしいこと書いてるわ」って感じでしたしね。

私個人は楽しかったですが(親子のレクリエーションもあって、先生含めてみんなで楽しみましたよ)この記事のような意見があるということも心にとめておきたいと思います。