Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
イベント

まんパク2017立川のメニューおすすめは?平日や土日の混雑状況は?

まんパク

今年もフードフェス「まんパク2017」が始まりました~
開催期間中は40万人以上も訪れると言う日本最大級の野外フードフェスタ、それが「まんパク」です。

関東では、今年も東京・立川市で行われてます。
まんパク2017立川についてみていきましょう!!

まんパク2017立川の日程や開催時期は?

まんパクは「満腹博覧会(まんぷくはくらんかい)」の略称です。
音楽企画制作会社のロッキング・オンが主催するフードフェスタですが、『なんで音楽企画制作会社がフードフェスタを???』と不思議ですよね。

野外音楽フェスは、朝から晩までライブを見ることが出来ますが、1日中ということは当然、食事が必要。
なので、露店がたくさん出ているんですね。

いわゆる「フェス飯」です。そのノウハウがあるからこそ、こうして食の博覧会ができるというわけです。
意外なところで通じてました!

そのまんパクは開催期間は2017年5月18日(木)から6月5日(月)の19日間になります。
開催場所は立川市の国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーンです。

JR中央線の立川駅北口から徒歩10分、もしくは多摩モノレールの立川北駅から徒歩8分になります。
みどりの文化ゾーンへは最寄り駅の『あけぼの口』から出ると近いですよ。

開催期間中の開場時間は10時30分、閉場(販売終了)時間は21時になってます。(各日とも予定とのこと)
ただし、最終日の6月5日(月)は閉場が18時ですのでお気を付けください。

まんパク2017の入場料金は、前売りと当日の入場料が違います。セット券も料金が違います。
前売り入場券は、開始前日の5月17日で終了してますので、当日入場料金をお知らせします。
平日と土日では、入場料金に差がありますので注意です。

平日入場券 500円
平日まんパク&国営昭和記念公園セット券 700円

土日 入場券 800円
土日 まんパク&国営昭和記念公園セット券 1,000円

中学生以下の入場は無料です。また、入場当日のみ再入場が可能になります。
また、5月21日(日)は、国営昭和記念公園の無料入園日のため、有料エリアの入園は無料となります。

スポンサードリンク

まんパク2017立川のメニューおすすめはどんなもの?

まんパクに出店しているお店はもちろんですが、種類がとにかく多いです。
「肉」「海鮮」「野菜」「ラーメン」「餃子」「揚げ物」「アジアン料理」「たまエリアのお店からの出店」「地方物産」「ドリンク」「スイーツ」と分かれているんです。
土日には海鮮エリアのそばで本マグロの解体ショーもやってますよ。

そして、今年は17時以降にはなんと巨大ビアガーデンに変わるとのこと!
夜には、ビールだけでなくカクテルやサワー、ワインなどを販売するバーも登場します。
それぞれのエリアのお勧めにはどんなものがあるでしょうか?

肉エリア

石垣島きたうち牧場のプレミアムビーフ

今年初出店の沖縄県石垣島の希少銘柄『石垣島きたうち牧場プレミアムビーフ』のハンバーグとステーキ

海鮮エリア

札幌九兵衛

2016年の立川と大阪でのまんパクで人気グルメランキング第1位を獲得!
北海道のとろやサーモン、いくらがたっぷりな海鮮丼がありますよ

野菜エリア

高円寺アボカド食堂

高円寺と新宿歌舞伎町に店があるメキシコ料理専門店です。
まんパク限定のアボカドを使ったコロッケやチーズナチョス、シュークリームを用意してます。

ラーメンエリア

らーめん二男坊

九州は福岡県の「福岡ラーメン総選挙」で1位を受賞したラーメン店が出店。
とんこつサイコー!!!

餃子エリア

宇都宮餃子 めんめん

宇都宮の羽根つき餃子が登場。焼き餃子だけでなく、茹で餃子もありますよ。

揚げ物エリア

からあげまんぷく亭

今年初出店の和歌山県にある唐揚げ専門店。
とり皮せんべいを始め、紀州梅どりのからあげや軟骨の唐揚げが!
とり皮せんべいが大きくて美味しそう

スイーツ

仙台ずんだ杜庵

2016年のまんパクで、このお店の「ずんだシェーク」がバカ売れ!
ずんだって枝豆なんですけど、「ずんだ餅」があるので和菓子には向いているんですよね。
シェークという発想はなかったな

まんパク2017立川の平日や土日の混雑状況は?

まんパク2017の動画がありました。

これを見るともうすぐにでも食べに行きたい!という衝動に駆られます。

混雑状況ですが、やはり休日の土日は非常に混雑しています。
子供連れでもキッズエリアもあるので、ゆっくりできますが、どうしても平日より混んでしまうのは否めません。
ゆっくりといろいろと回りたいのなら平日、「ここ!」というメニューを決めて手堅く回るなら土日でしょうか。

まとめ

まんパクの開催も関東ではこの5月から6月にかけての開催と定番となりつつありますね。
秋ごろには関西でもまんパクは行われますので、関西地区の方はその時期まで待ってもいいかもしれませんね。
関東でも気温次第では少し早いビアガーデンも楽しめますので、まんパクに足を運んでみてはいかがでしょうか?